スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/27(土)~8/3(土)出国~EJC終了まで

EJC全体を通して・大会・観光の3つに分けて書きます。

出国前に関空にて撮影の大荷物。

001
001 posted by (C)kendamadendoshi

フライトは腰の状態も考えてリッチにビジネスクラス。

それはそれはもう快適でした。

006
006 posted by (C)kendamadendoshi

そしてトゥールーズ到着。

これからがなかなか過酷でした。

まずバスに乗ってみたものの,バス内にのっている地図がよくわからないので困りました。

親切な人が助けてくれたのでホテルの目の前に到着。

後から見たらいくつもバスの行き先があったので

もしも違うものに乗っていたらどこにつれていかれていたのでしょう???

早速チェックインしようとしたら英語が伝わりません。

もう既に支払いが済んでいるはずなのに

済んでいないと言われました。

紙を見たら市民税は現地払いと書かれていたので

市民税のことかと尋ねると

そうだということなので

カードを渡すと640ユーロとられました。

そこからバタバタとしましたが

結局は払っていなかったことが判明して全て納得。

そして会場入り。

019
019 posted by (C)kendamadendoshi

外から見ると明らかに変な奴らが集まっているので絶対に関わりたくないでしょうね…

でも,関わってみないとわからないこともありますよ。

会場では水を手に入れることが困難でした。

なので一旦ホテルに戻って水分補給をしてくることにしましたが,

2人とも時差調整に失敗して1日目は完全に寝込みました。

そしてメトロに乗るには小銭でしか切符を買えません。

小銭を作ろうと店に行き,買い物をし,お釣りをもらう時にコインだけでと言ったら

コインが伝わらずに

スペイン語は話せるかとか聞かれました。

もっと無理だろうと思いながら

どうにか伝えると

マニーチェンジ!イェー!!

と店員が元気よく声をあげました。

しかし嶋寺さんはもうダメだと言われてしまいました…

一体何故だったのでしょうか?

結局小銭を作れなかったのでカード決済ができるアレックスに助けてもらいました。

一番困ったのは食事。

ろくなもん売られていないので

自分達で作る朝食が大切なエネルギー源でした。

019
019 posted by (C)kendamadendoshi

大会前後では海外勢の段位認定会を行いました。

今年は例年より希望者が多く,2人でのべ60人以上は見たのではないでしょうか。

014
014 posted by (C)kendamadendoshi

認定会に向けて練習もしてきていたようで,

精度も増し,もしかめやタイム競技も安定していました。

初段以上の合格者が何人も出ました。

会場では変態技の応酬。

008
008 posted by (C)kendamadendoshi

私もいくつか教えてもらいました。

KENゲームは勝ちに拘ればいくらでも勝つ方法はありますが,

そればかりだとつまらないので

私も快心の一撃を狙って攻めることもありました。

しかし,彼らの変態技にはまだまだ敵いません。

彼らはどこでもけん玉を動かしているので

私も,もっと練習しないと。

大会翌日からはゆっくりと市内観光をしてから会場入りをしました。

全ての認定会を終えてから

マット・スウィーツにスピーカーを借りて野外パフォーマンス。

やはり持つべきものは友ですね。

EJCも終わり,当然のことながら皆移動していきます。

次はお前を倒すと言われましたが,

現段階では今年で一段落と考えているので

とりあえず

楽しみにしている。

と返しておきました。

しかし,本当に良い刺激をもらいました。

そしてまた友だちが増えました。

あらゆる言語に対応できるようになりました。

これでどこに行ってもほぼ大丈夫そうです。

彼らとお別れしてからは

ショーを見に行きました。

イタリア女性の完成度が高かったです。

帰りは

レンタサイクルだったわけですが,

途中で私のが操作不能になり

まさかのランニング状態になりました…

8月3日

嶋寺さんとお別れ。

今年もありがとうございました。

ここから1人旅です。

無線変換機を借りましたが

部屋を移動したらLANがありませんでした…。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。